ブログ

先日愛知県内の市区町村別の新設住宅着工戸数をアップしました。

持家や戸建分譲が多い市はどこだろう、ということで①の表を作ってみました。

①持家・戸建分譲 年間戸数ランキング

順位 市区町村 人口 戸数 公示変動

1 岡崎市 386,962 1,847 1.8

2 一宮市 380,135 1,755 0.9

3 豊田市 425,475 1,664 2.9

3 豊橋市 373,635 1,664 0.0

3 春日井市 307,402 1,664 2.1

人口は2019年1月1日時点の愛知県発表の数字です。戸数は2019年の1年間に着工された持家と戸建分譲の合計です。公示変動は2020年1月の地価公示のうち、住宅地の平均変動率です。住宅着工戸数の1位は岡崎市で地価変動は+1.8%です。豊田、豊橋、春日井は仲良く1664戸ですが地価変動はゼロもあれば+2.9%もあります。

人口の多い市の着工数が多いのはあたりまえ、というわけで人口10万人当りで比べたらどうだろうということで愛知県内の市区町村別人口10万人当持家・戸建分譲着工戸数の表を作ってみました。A4縦で5枚です。

ダウンロードはこちら→ https://drive.google.com/file/d/100qZWGiwNvXBcE_xUW_pxIEGHPSqLZn7/view?usp=sharing

②持家・戸建分譲 人口10万人当年間戸数ランキング

順位 市区町村 人口 戸数 公示変動

1 飛島村 4,570 744 -2.1

2 東浦町 48,981 731 1.7

3 武豊町 43,035 727 -0.7

4 碧南市 72,746 689 1.0

5 高浜市 48,182 683 1.2

人口10万人当の着工戸数のランキングです。1位は飛島村ですが村内のほとんどが市街化調整区域と工業専用区域なので住宅地を購入することが基本的にできません。人口が少ないので着工数がちょっと増えるだけで10万人当戸数が増えるためあまり参考にはならないと思います。東浦町、碧南市、高浜市がベスト5に入ったのは意外です。刈谷市や安城市の地価が上がりすぎてその周辺部が地価に割安感があるため着工数が多いのでしょうか?それにしては地価の上昇はわずか1%台と控えめです。地価がマイナスの武豊町の戸数が3位なのも意外です。これを見ると着工数と地価の相関はあまりないように見えます。

③持家・戸建分譲 人口10万人当 年間戸数 意外!

順位 市区町村 人口 戸数 公示変動

67 東区 80,872 190 6.0

29 刈谷市 152,288 489 3.6

42 安城市 187,803 429 3.0

8 知多市 84,049 604 -0.1

9 豊川市 183,695 603 -0.3

③は着工戸数のランキングと地価変動を見ていて意外!と筆者が思った市区です。

住宅地の地価が6%も上がった東区の人口10万人当着工ランクは67位でビリから3番目です。地価が3%以上上がっている人気の刈谷市、安城市の着工ランクが低いのも意外です。住宅地を欲しい人は多いのに売り地が少ないため地価の上昇が大きいのか、売り地のほとんどが業者による建売か建築条件付分譲地なので結果として地価が上昇したのか、はっきりわかりません。

地価がマイナスの知多市、豊川市がランキング10位以内なのも意外です。地価が下落しているということは家を建てる人、建売を買う人も少ないと思っていましたが違いました。

全体を見て思うのは住宅の着工数と地価変動にはほとんど相関関係がないということです。着工数が多ければ住宅地の取引も活発で地価は上昇すると考えていましたが、下落している方が割安感があって着工数が増えるのか、なにやら訳がわからなくなりました。ただし南知多町や美浜町のように着工数も少ないし、地価も大きく下落という順相関が認められる所もあります。4連休で暇だから作ってみましたがあまり意味のある作業ではありませんでした。

着工数と地価に相関関係がないなら地価公示のために着工数を調べることも無意味であり、国が着工数の公表を4月からやめたのもなるほどですね。

愛知県市区町村別 新設住宅着工戸数について、令和2年3月までのデータをアップしました。

残念なことに国土交通省は令和2年4月以降のデータ公表をやめてしまいました。

よってこのデータはこれが最後となります。分譲住宅やマンションの着工戸数は地価動向や景気動向の把握に有用ですが大変残念です。再度公表をしてくれるように鑑定士協会連合会が働きかけてくれるとうれしいのですが・・・。

A3横で11枚です。2018年の月別件数、2015年以前の年ごとの件数を知りたい場合は昨年アップしたものをダウンロードして下さい。

給与住宅とは企業の社宅のことです。その他分譲とは分譲用の共同住宅でいわゆるシノケンさんのアパートかと思います。給与、長屋分譲、その他分譲は数が極端に少ないので統計上、ほとんど意味はありません。

ダウンロードはこちら→ https://drive.google.com/file/d/1-YaUHSL8h3FByGHm4GdW9HKBoBFvhcJ2/view?usp=sharing


愛知県内の各市区町村別の新設住宅着工戸数データを登録しました。

見本はこんな感じ




愛知県の全市区町村のPDFダウンロードはこちら→

https://drive.google.com/file/d/1pWG8ejZ34X-3--5qrUHFQKvM2rY317df/view?usp=sharing


平成23年(2011年)からのデータです。2285KBのPDFにて印刷するとA3横で36枚もあります。よく印刷プレビューしてから必要な市区町村だけ印刷しましょう。

注意書き

給与住宅というのは社宅のことですのでほとんど着工はありません。分譲住宅は戸建・長屋・共同住宅に分かれています。共同住宅の分譲住宅というのはほとんどが分譲マンションです。大手研究機関ではこの共同住宅の中からSRC・RC・S造の数だけを「マンション」として公表しています。本件では29年からマンションと「その他の共同住宅の分譲」を分けましたが統計的にはほとんど変わりません。構造が木造の共同住宅で分譲用とは何なのかよくわかりませんが、シノケンさんなどが販売目的で建てた賃貸用アパートのようなものではないかと思っております。

土地取引件数のコメント

愛知県の市区町村別の土地取引件数・取引面積の推移の一覧をアップしました。

出典は国土交通省のホームページで公開されているものです。愛知県の市区町村の分だけ抽出して平成23年(2011年)から取りまとめました。PDFで63KB、印刷するとA3横で6枚です。

注意

1) 緑区や長久手市など土地区画整理事業が活発な市区は換地処分が行なわれると過去の保留地などの売買が一気に登記されます。よって売買が増えたわけでもないのに急に取引件数が増加しますが、この件数を法務局に聞いても教えてもらえません。逆に保留地や仮換地の売買が活発でもこのデータには反映されません。

2) 宅地だけではなく、農地や林地の件数も含まれます。よって豊田市や新城市など林地の取引が多い市区は件数が同程度なのに面積が大きく増加することがあります。

3) 公表される取引面積の単位はha(ヘクタール)で小数点1位です。よって月ごとの面積を合計した数字と年間の総取引面積をha表示した数字とでは誤差が生じますが、あまり気にする必要はないと思います。

PDFダウンロードはこちら→

https://drive.google.com/file/d/18VmQRkQkItJUb1XfppzVFuLPEC_PPjnP/view?usp=sharing

1枚目だけの見本はこちら




愛知県内の市区町村別の年齢3区分の人口増減推移を更新しました。2019年4月24日

平成27年10月1日の国勢調査の人口に月ごとの人口増減を加減算した数字で愛知県が毎月公表しています。PDFで1258KB、A3横で21枚もあるので印刷する時は必要な所だけにしましょう。

人口統計資料はいろいろあります。各市町村がホームページで公表している人口は住民基本台帳に基づく数字で外国人の人口を加えたものと加えないものがあります。よって県が公表する人口とは若干の誤差がありますが、今回アップした人口が時系列での統計資料としては最も適当だと考えます。愛知県の不動産鑑定士が作成する「市区町村概況調書」や「価格動向報告」などに採用する人口も原則としてこれを採用しています。年齢不詳人口がありますが国勢調査では生年月日を書かない人や誤記入があるためです。

PDFのダウンロードはこちら

https://drive.google.com/file/d/1gRQlvVZVwB5jFcsNT7eJN9YwWFvFnviW/view?usp=sharing

1枚目見本はこちら


日本銀行が公表している不動産向け新規貸出額をアップしました。

新規貸出額のPDFダウンロードはこちら→

https://drive.google.com/file/d/13BJjGCJg8rkgpyAJz5RJaMDAyWJh2yEb/view?usp=sharing

こちらは銀行・信託銀行・国内向け外国銀行のいわゆる3勘定合計の四半期ごとの新規の貸出額の推移です。政府系金融機関や信用金庫は含まれません。

不動産向け貸出額の総額からSPC.個人貸家業・地方公社を除いた数字が「法人不動産業」ということになります。

地主が不動産管理会社を設立して、法人が融資を受けた場合は「個人による貸家業」ではなく法人不動産業に分類されます。

見ればおわかりのように新規貸出のピークは2017年3月期です。これ以降、明らかに新規の貸出額は前年同期比でずっとマイナスが続いています。特に個人貸家業は10%超のマイナスになっており、簡単にローンが受けられる時代は過去のものとなりました。

こちらは不動産向けの貸出残高の推移となります。

貸出残高のPDFダウンロードはこちら→

https://drive.google.com/file/d/1sVh1BxHry4_toiRwlxmquRdlaVnRRmin/view?usp=sharing

新規の貸出額がどんどん落ちているのに、残高自体は減るどころかどんどん増加しています。新規の貸出額よりも返済ピッチの方がはるかに小さいからです。



9月20日に平成30年7月時点の基準地価が新聞報道されました。愛知県内の市区町村の平均変動率の推移表をアップしました。

昭和51年(1976年)から直近まで各市町村ごとのデータです。合併などで自治体名が変わったところは合併後からのデータとなります。参考までに自治体名がなくなった市区町村も最後の方にあります。データ容量は172KB程度ですが印刷するとA3横で24枚あります。印刷するなら見たい自治体だけ印刷しましょう。

ダウンロードはこちら→

https://drive.google.com/file/d/1gq5oLz-SiFIY1KT0m8vRzxZOXtXMIUao/view?usp=sharing


1枚目の見本はこちら


地価公示の愛知県の市区町村別平均変動率の推移(昭和50年から平成31年)をアップしました。国土交通省や愛知県のホームページで公開されている情報を自分が見やすいように加工しただけのものです。独自に入手した情報ではありません。

PDFファイルでA3横21ページ(1.7メガバイト)あります。ダウンロードはこちら

https://drive.google.com/file/d/17CYuFTkcryjpqe_WjrZuwTSKXu6Yjxs3/view?usp=sharing

見本1枚はこちらです。

まずは白壁4丁目です。名古屋№1の高級住宅地ですが、料亭やマンションも多く、戸建目的でここを買う方はほとんどいません。

2枚目は東山線を代表する高級住宅地の覚王山です。急な坂道に洋風のおしゃれな邸宅が建ち並ぶ高級住宅地です。

3枚目は鶴舞線を代表する高級住宅地の南山町(みなみやまちょう)です。200坪を超える邸宅が建ち並び、うっそうとした森のような住宅地で建物が見えない邸宅、警備員が常駐する邸宅も見られます。ここを購入する方は企業経営者、医療法人理事などの富裕層でほとんどが自用の住宅を建てるための取引です。